2014年05月05日

在宅として働く人達の時給

ちょっと怒り記事です。

在宅で仕事をするにあたって、いろいろな方法があります。
アフィリエイトで稼ぐ。
記事のライティングやリライトの下請けで稼ぐ。
その他アンケートやゲームなどで稼ぐ。

今回は2つめのライティングなどの下請けです。
個人的に契約を結ぶ場合もあるでしょうし、ランサーズやクラウドワークスといったサイトを利用して仕事をすることもできます。
特にこういった大手サイト(ランサーズやクラウドワークス)であれば、支払い関係において滞ることは一切ありません。安心して確実に稼げます。


時給換算するととんでもない金額になります。
仕事の種類にもよりますしスピードにもよりますが、時給500円
ひどいときは時給250円程度になるときも。

普通にバイトしたほうが確実に稼げます。
田舎のコンビニでさえこれより高いです。
信じられません。

こういった記事依頼をする人はアフィリエイターです。
サイトを作成するために記事が必要なので依頼を出します。
そしてその記事を使ってサイトを作り、お金を稼ぐんです。

もちろん大小はあるでしょうが、人を雇うという考え方をするなら時給500円はひどすぎないでしょうか。
もちろん見ず知らずの人で能力もわからない人に時給1000円払えとはいいません。
面接もしなければ能力を細かく確かめることもできませんから。
ですが500円はひどすぎませんか。

副業でちょこっと稼げればいいやー、という人もいるでしょうが、そうでない人もいるんです。

僕はアフィリエイトをしつつ、契約を結んでいる人から「記事作成を依頼する仕事」を受け持っています。
その他ブログの作成や記事入れなど仕事は多数あります。
その度に心が痛みます。
「この記事を10記事2000円で依頼して」といった感じです。
そして出します。
1記事200円で600文字だとすると、1記事書くのにどのくら時間がかかるでしょうか。
内容次第ではそのまますーっと書けるでしょうが、ジャンルによっては調べる時間などが必要になります。
早く作業して30分で1記事かけたとしても、時給400円です。20分で1記事であれば600円です。
これでもまだアルバイトの方が稼げます。

ブログ作成の作業なんてもっとひどい単価になっています。
1つのブログを作るのが25円だったり50円だったり。
信じられません。

何がいいたいかというと、もっとお金を渡すべきだということです。
特にこういった依頼を出す人は、既にある程度設けている人がおおいからです。
サイトを作りアフィリエイトで成功して報酬が出た→サイトや収益アップのために外注でペースアップ

実際僕のクライアントは月に数十万〜数百万稼ぐお化けアフィリエイターです。
それなのに下請けに出すときの金額は時給250円〜600円程度にしかなりません。

誓います。
僕が実際に稼げるようになって、アフィリエイト関係で外注依頼を出すとき。
新規の人でも時給で500円、能力等わかって継続的にしてもらえるなら最低800円は出します。
普通にアフィリエイトだけで生活できるくらいの稼ぎになったら時給1000円くらい問題ありません。
もちろん相手の能力にもよりますが。

6時間も色々な作業をして心身疲れているのにその報酬が1500円程度とか馬鹿げてます。

稼げるようになるかは分かりませんが、稼げた後もこの気持を忘れないようにしたいと思います。


posted by ふーりー at 00:17 | Comment(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。